持病のあるペットの薬について

最近は、ペットの医療も進んでいて長生きすることが多くなりました。
長年一緒に生活しているペットは家族同然です。
大切な家族の一員として、病気やケガの際にも十分なケアをしてあげたいものですが、常備薬を用意している飼い主さんはまだまだ少数派です。
具合が悪くなったら、すぐにでも動物病院に連れていきたいものですが、時間がなかったり近くに病院がない場合もあります。
そして、動物病院での治療やお薬は保険も使えないことから高額になるケースが多くあります。

一度かかかると癖になってしまうこともある膀胱炎などのお薬や、皮膚疾患の飲み薬や軟膏、腎臓や心臓の持病があるペットのお薬など、獣医さんに処方していただく薬はたくさんあります。
それらを、国内で購入して長く続けるのは経済的に負担になることでしょう。
日本では、こういった薬は動物病院で診察を受けて処方されることが一般的ですが、実は、海外では普通にスーパーマーケットやペット用品のお店で市販されていることも多いのです。
つまり、診察を受けて必要な薬がわかっているので場合、認可された薬であればどのような経路で購入しても内容や効果は同じという事です。

ペットくすりというサイトでは、海外で認可された正規品を格安で取り扱っています。
海外の商品を、個人輸入代行という手段で購入出来るので、個人で面倒な手続きをすることなく気軽に利用する事が出来るのです。
その便利さから、既に10万人以上の会員がペットの医療品やケア用品を購入しており、ペットくすりで常備薬を揃えている飼い主もいるようです。
ペットくすりで取り扱う医療品は多岐にわたっています。
例えば、蚊を媒介とする恐ろしいフィラリアも、温暖化の影響もあり、今や一年中警戒を必要とするようになってきました。

その予防薬も、このサイトであれば医院で購入する半分以下の価格で手に入れることが出来るのです。
また、ダニやノミの駆除剤やシャンプー、かゆみ止めなど、多くのペットが必要とする製品も格安で扱っています。
3999円以上で送料も無料になるので、常備薬に合わせてデンタル用品やケア用品を定期的に購入するという方もいるようです。
最近は人間と同じくジェネリック薬品が取り扱われるようになっています。

ジェネリック薬はブランドの特許期間が過ぎてオリジナル以外の企業が作る同成分の医薬品ですから、安全性や効果は元の薬となんら変わりがありません。
ペットくすりでは、こういったジェネリック薬の販売もしています。

取り扱うジェネリック薬は全て、USFDA・米国食品医薬品局やWHOによる国際基準をクリアした安全性の高いものなので、安心して使う事ができます。
消費税があがり、お薬の購入価格もさらに上がって来ています。
海外製品の個人輸入であれば、基本的に税金もかからないので表示されている価格で購入する事が出来ます。
ペットくすりサイトのような、手数料もかからないこの便利でお得な方法が、これからのペットの薬の購入方法の中心になっていくのではないでしょうか。